カテゴリー: 未分類

子役から大人の俳優へ

一方、モデルや役のオーディションは事務所から打診があります。いきなり合格する子もいれば、何回受けても落ちてしまう子もいます。その時に募集するモデルや役柄のイメージに当てはまるかどうかが選考のポイントですので、落ち続けていてもいつかはイメージに合ったオーディションに巡り合えますから、決して悲観する事はありません。

そうやってチャンスを窺いながらオーディションを受け続け、小さな役でも掴めればそれがきっかけとなってどんどんお仕事が舞い込んでくる可能性もかなりあります。「継続は力なり」という言葉もあります。憧れのあの子役タレントのようになれる事だって夢ではないのです。

ただし、厳しいオーディションを勝ち抜けて希望の役を手に入れたからと言って、保護者はそれで安心してはいけません。なんといってもまだ子どもです。護者の方は養成所や現場の送迎をしたり、子どもの生活リズムを保つ努力をする必要があります。つまり、もし、子役タレントとして子どもさんが活躍するとしても、保護者、特にお母さんのフォローがなくてはならないものになります。

子役出身の俳優もたくさん存在しています。せっかく子役にするなら大人になっても活動できるといいですよね。それには、保護者の方の力が必要ですから、お子さんと二人三脚で心を合わせて頑張ってくださいね。

事務所に入るには

まず、事務所に所属するためのオーディションについてです。これは定期的に大手の芸能事務所が一般のオーディションとして募集広告を出す場合が多いです。成人部門と子役部門と分けている場合がほとんどです。この場合は全くの素人が応募しても構いません。

書類選考はよほどの事がない限り合格する場合がほとんどです。というのも、素人はほとんどダイヤモンドの原石のようなもの。磨けば光る可能性を持っていますから、書類だけではわからない場合が多いのです。実際に面接して、その子の個性を見極めて合否を決定します。ここで合格すると登録料やレッスン代が必要になります。登録料は、事務所のホームページや売り込みに使う写真の撮影代金やその他の事務費として使われます。このブッキング事務所も同様で、オーディションはないものの、宣伝材料を作成する費用はかかりますので、登録料は必要となります。

そしてレッスン費用は自己負担となる場合がほとんどです。一人前のタレントとしてデビューするためには歌やダンス、日本舞踊などのレッスンは欠かせないものですが、実はタレントにさせるというよりはお稽古事のつもりで芸能事務所や劇団に子どもを入れる親も昔から一定数存在します。

子どもにオーディションを受けさせるには

紙おむつのパッケージに載っている赤ちゃんモデル、ファストフードや子ども向け商品のCMに出ている子役はどのようなルートでそういう仕事をしていると思いますか?実は、そのほとんどが芸能事務所に所属している子たちです。CMなどの仕事はその都度オーディションを受けて合格した子どもが出演しています。最近は我が子をCMに出したいと思う親もいますが、どこの事務所にも所属していない、全くの素人ではオーディション情報すら入手できません。つまり、子どもをメディアに出すにはまずは芸能事務所やタレント養成所に所属させなければならないという事になります。

実は、事務所やタレント養成所に所属するのもオーディションがあります。定期的に芸能プロダクションが募集し、書類選考・面接を経て合格が決まるものです。このように一口にオーディションといっても、モデルをしたり、CMやドラマに出演するためのものと、事務所そのものに入るものがあるのです。

なお、オーディションのないブッキング事務所というものも存在します。タレントに憧れる子どもたちを登録させ、メディアのオファーに応じて出演させたり、オーディションを受けさせたりするところです。ブッキング事務所は正式な芸能プロダクションではありません。オーディションによっては「素人限定。事務所に所属している方は応募できません」というものもありますが、こんな時はブッキング事務所なら堂々と受ける事ができます。

このような子役のオーディションは、今とても人気があります。この記事ではそんな子役オーディションについてまとめてみました