事務所に入るには

まず、事務所に所属するためのオーディションについてです。これは定期的に大手の芸能事務所が一般のオーディションとして募集広告を出す場合が多いです。成人部門と子役部門と分けている場合がほとんどです。この場合は全くの素人が応募しても構いません。

書類選考はよほどの事がない限り合格する場合がほとんどです。というのも、素人はほとんどダイヤモンドの原石のようなもの。磨けば光る可能性を持っていますから、書類だけではわからない場合が多いのです。実際に面接して、その子の個性を見極めて合否を決定します。ここで合格すると登録料やレッスン代が必要になります。登録料は、事務所のホームページや売り込みに使う写真の撮影代金やその他の事務費として使われます。このブッキング事務所も同様で、オーディションはないものの、宣伝材料を作成する費用はかかりますので、登録料は必要となります。

そしてレッスン費用は自己負担となる場合がほとんどです。一人前のタレントとしてデビューするためには歌やダンス、日本舞踊などのレッスンは欠かせないものですが、実はタレントにさせるというよりはお稽古事のつもりで芸能事務所や劇団に子どもを入れる親も昔から一定数存在します。

About the author